3万円節約も可能!? 世界一周ための予防接種はタイで打て

予防接種は必要か?

一般的に先進国や途上国でも観光エリアのみの短い滞在なら予防接種はいりません。

ただ、世界一周などたくさんの国を渡航予定の方は打っておいた方が良いと思います。

ちなみに僕も世界一周のために合計7種類の予防接種を受けました。

詳しくはこちらの厚生労働省検疫所 FORTH 海外渡航のためのワクチンをご覧ください。

日本の予防接種は高い

私は日本でA型肝炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風の予防接種を打ちましたが、かなりお金がかかりました。

ご存知の通り予防接種は保険適用外です。そのため値段も病院側が勝手に決めてよく、病院によって値段がまちまちです。

ちなみに私の場合

予防接種 金額 打った回数 合計金額
破傷風 2500円 1回 2500円
狂犬病 9000円 1回 9000円
A型肝炎 5500円 2回 11000円
B型肝炎 5500円 2回 11000円
合計 33500円

※私が受けた当時の値段です。

合計33500円かかりました。これだけでもかなりの出費です。

ちなみに黄熱病の予防接種は検疫所でしか受けられません。病院では受けられないため非常に不便です。値段も12000円ほどかかり高額です。

日本で予防接種を受ける場合

先ほども言った通り、保険適用外なので値段は病院によってマチマチです。少しでも安くしたい場合はお近くの病院に片っ端から電話をかけてください。

病院によっては在庫がなく、取り寄せが必要な場合もあります。また、予防接種によっては数回打つ必要があるものもあるため、なるべく早めに済ませましょう。

タイで予防接種を打つ

僕は上の4種類は日本で打ちましたが、黄熱病などの予防接種はタイの赤十字病院で打ちました。特に黄熱病の予防接種は安く日本の5分の1〜4分の1位の値段でした。

タイは予防接種がむちゃくちゃ安く受けられます

予防接種が必要な方はタイに滞在した際に済ませるのが、金銭的にもお得です。

注意

タイは予防接種が安いですが、今まで注射で具合が悪くなったりした経験がある人は日本で受けることをオススメします。

ブラジル入国にイエローカードはいる?

イエローカードとは黄熱病の予防接種を受けるともらえる黄色い証明書です。アフリカの一部の国などはイエローカードを持っていないと入国できません。

僕が2013年にブラジルに行ったときはイエローカードは必要ありませんでした。現地で聞いた情報によるとアマゾン地域などにツアーで行く場合などには必要だそうです。

入国の際に必要というわけではないですが、ブラジルは黄熱病の対象地なので打っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です