海外旅行はSIMフリーiPhone SEがおすすめな理由

海外旅行にはSIMフリーiPhone SEを持っていけ

今日3/31日にiPhone SEが発売しましたが、海外旅行に持って行くならSIMフリーiPhoneを持って行くことをおすすめします。

SIMフリースマホとは

そもそもSIMフリーとはどのSIMカードを入れても使えるスマホのことです。普通日本ではドコモで買ったスマホはドコモのSIMカードしか使えませんでした。これをSIMロックと言います。

つまり今までは日本の3大キャリアで買ったスマホは海外でSIMカードを買って使えなかったということです。

しかし、去年総務省の指示により制度が変わり、日本の3大キャリアで買ったスマホもSIMロックを外すことができるようになりました。

ただし‥契約後6ヶ月経ってから

というめんどくさい内容になっています。つまり今すぐSIMフリーとして海外でも使いたい人には不向きな制度です。

現地の通信会社が使える

SIMフリースマホの最大のメリットは現地の通信会社のSIMカードを使えることです。

国際ローミングなどもありますが、バカ高いので使わないことをおすすめします。

また、自分のスマホをWiFiだけで使うのもアリですが、SIMカードを買って使ったほうが圧倒的に便利です。しかも途上国の場合、SIMカードを買って使っても日本ほどお金はかかりません。

SIMフリーiPhone SEは安い

このようにSIMフリースマホは海外でも使えるのでおすすめですが、その中でも特にiPhoneをおすすめします。

なぜかというとiPhoneが一番世界中のLTEに対応しているからです。

いくらSIMフリースマホを現地に持っていっても、そのスマホが現地のLTEに対応していなければ使えません。

その点では、SIMフリーiPhoneが一番各国のLTEに対応しているので安心です。

特に先日発売したSIMフリーのiPhone SEは64GBでも64800円(税抜 )とiPhone 6sなどに比べかなり安いので旅の準備予算を少しでも節約したい方には良い選択肢だと思います。

iPhone SEにはバッテリーケースがおすすめ

いくら高性能なスマートフォンでも電池がなければ何の役にも立ちません。また、あなたがバックパッカーで安宿に泊まった場合、コンセントが宿泊者数に対し足りず、十分に充電できない場合もあります。

そこで僕的には海外旅行に持って行くなら、バッテリーケースをおすすめします。

今回特におすすめなのが僕も実際使っているOtter BoxのResurgenceです。

Otter Box リサージェンスの4つのおすすめポイント

MILスペックの耐衝撃性

Otter Boxはもともと耐衝撃性のあるケースを専門に作っているメーカーなのでこのリサージェンスもMILスペックの耐衝撃性があるので落としても安心です。

バッテリー2000mAh

バッテリーが2000mAhなのでiPhoneの電池を持ちを約2倍にしてくれます。

自動充電停止機能

この機能が意外に他社のバッテリーケースにありません。Otter BoxのリサージェンスはiPhoneの充電が100%になると自動的に充電を止めてくれます。これにより過充電を防ぎ、バッテリーの劣化を防いでくれます。

急速充電対応

急速充電に対応してますので短い時間でもスムーズに充電できます。

まとめ

  • 海外旅行にはSIMフリーiPhoneを持って行くと超便利
  • iPhone SEがSIMフリーiPhoneの中で安くて手頃
  • iPhone SEのケースはOtter Box Resurgenceがおすすめ

【関連記事】

以外と簡単!? 海外で現地のSIMカードを入手する方法まとめ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です